なにが違うの?グランドピアノとスタンドピアノ

グランドピアノの仕組み

ピアノには大きく分けて、二種類あります。それはグランドピアノとアップライトピアノ。どちらがより良いのでしょうか。

まず、ピアノは、鍵盤を叩くと中のハンマーが弦を叩き、音がなります。グランドピアノの場合、テコの原理でハンマーを押し上げて打つのでアップライトピアノよりも力強い演奏が可能になります。また、強弱の差も大きくなります。さらに、ハンマーが自重で戻るので鍵盤が完全に戻る前に次の打弦ができ、素早い演奏が可能となります。また、調整箇所が多いので繊細な調整や整音が可能です。

音を止めるためのダンパーも、ハンマーの上から抑えるので確実に音を止めることができ、歯切れの良い演奏ができます。

そして、ピアノ全体が共鳴体なので響きが豊かになります。また、響板からの音や反射音を直接聴きながら演奏できるので細やかなニュアンスや音の違いを確かめながら演奏できます。

アップライトピアノの仕組み

対してアップライトピアノは、ハンマーは横向き、腱板は縦方向に動くので、打鍵の際、力と時間のロスが発生します。強弱の幅もグランドピアノに比べると狭いです。また、ハンマーが戻るのにバネの力を借りるため、素早い演奏には限界があります。調整箇所が少なく、調整や整音の幅も狭くなります。ダンパーはハンマーと同じ方向から抑えるので、止音効果は弱くなります。

通常、壁につけて設置されるので、音はこもりがちです。常にケースからの通過音を聞きながらの演奏なので、音楽性を磨く上ではグランドピアノには及びません。

グランドピアノとアップライト。ご自身の好みや条件に合わせ、ピアノ選びを楽しんでください。

スタインウェイとは、米国の同名の会社が製造しているピアノのことです。数多くの一流ピアニストが愛用していることから、高級ピアノの代名詞となっています。