初心者必見!車検にかかる費用の構造とは?

車検にかかる二つの費用

車検は一般の乗用車の場合には二年に一度の頻度で受けなければなりません。これによって公道を走って良い車として認めてもらうことができます。車検には費用がかかりますが、その内訳を考えると二つに大別することが可能です。一つがどのような方法で車検を受けるにしても必要になる法定費用であり、もう一つが車検基本料と呼ばれる費用になります。法定費用は車を公道を走らせている限りは必要になる自動車重量税、車を運転する人が加入する義務が課せられている自賠責保険の保険料、諸手続きを行う際に必要になる印紙税の三つです。これらは自動車の種類や重量によってかかる費用が異なっていて、一般的には重量が重いほど高くなっています。

車検基本料は車検の受け方で異なる

初心者は車検をディーラーで受けることがよくありますが、車検基本料についてはディーラーが最も高くなるのが一般的な傾向です。車検基本料は車検の検査料に加えて車の整備料金や部品代が含まれています。ディーラーでは十分な整備を行って快適なドライブを可能にすることを目的とするため、概して車検基本料が高くなってしまうのです。これに対して車検を通すためだけに整備をしてくれる業者に依頼をすると車検基本料は安くなります。特に車検専門店として全国展開を行っているような業者に依頼すると必要最低限のものだけを選んで整備してもらうことも可能です。こうすることにより車検費用を節約することができるため、ディーラーに限らないのは良い考え方と言えます。

車検の費用は、自動車の総重量によって異なってきます。また、修理や部品交換が必要になった場合は、その分の費用も加算されることになります。