超簡単!バイクを自分好みにカスタムする方法

バイクの見た目を変える方法

一見すると素人がバイクのカスタムするのは難しそうに感じるかもしれません。ところが、専用のパーツを使っておけば意外と簡単にできてしまいます。例えばタイヤに関してですが、ワイドなものにしておくだけでバイクの印象を変えられます。やり方は簡単で、もともとあるタイヤを装着している軸に、ハブという部品を取り付けるだけです。ただし、あまり大きいタイヤだと、チェーンやマフラーに接触するかもしれないため、事前にどのサイズのタイヤが使えるか計測しておきましょう。

シートの交換も手軽なカスタムの一つで、たいていはボルトやビスで留まっているだけです。もしも社外品を使うのであれば、加工しなければならない場合もあるので、確認しておくと失敗が少ないです。

バイクの性能を上げるためのカスタム

見た目はほとんど変わらないのですが、性能を向上させるためのカスタムというのがあります。中でもローダウンというカスタムをやる人が比較的多いです。その理由は、ローダウンとは車体を低くすることを指していて、風の抵抗を受けにくくなるのです。そのせいでスピードが出やすくなります。おまけに安定感が増すため、上手にやると安全にドライビングができます。

慣れている人がやるのであれば、スプリングをカットしても良いのですが、初心者では難易度が高いです。そこでローダウンスプリングと呼ばれるパーツが市販されているので、それを使うと良いです。他にもライトを純正品よりも光るものにしておけば、夜の運転でも視認性が上がるため事故を減らすのに一役買います。

バイクのカスタムはバイク好きの人なら一度は行いますが、道路交通法に違反しないように注意します。バイクメーカーが扱う正規品を選び、安全性を第一に考えるのが適切にカスタムを行うための心得です。