これだけは知っておきたい!車検で失敗しないために

必ず見積もりをしておきましょう

専門の業者に車検を依頼するという人も多いでしょう。その時に必ずやっておきたいのは、最低でも二社以上のところで見積もりをお願いしておくということです。飛び込みで入った店舗に頼んでも良いのですが、中には相手が何も知らないとわかった途端、やらなくても良い部品交換などをして、高い金額を請求してくるとも限りません。そんな事態を防ぐためにも、複数のところで意見を聞いておきたいのです。そうすれば本当にその修理は必要なのかを判断する材料にできます。それから、見積もり書をもらうのを忘れないようにしたいです。なぜならそれを持って他社に行けば、他でも見積もりをしてもらった証明になる上に、値引き交渉がしやすくなるからです。すると、想像しているよりも安く車検が受けられるかもしれません。

事前の準備が大切です

車検を受けるために予約を入れたのに、必要な書類がないことに気がついてキャンセルせざるを得なくなった、などといったケースは決して珍しくありません。時間に余裕があれば、再び予約を入れれば良いのですが、車検の期限が近づいているなら大変です。そんなことになる前に、必要書類がそろっているのかを確認しましょう。

用意するのは、車検証、損害賠償保険証明書、自動車納税証明書です。もしも車検と一緒に住所変更をするのであれば、事前に管轄の警察署に行って車庫証明を取得して、加えて住民票もいります。一日ですべてが手に入らない可能性も高いですから、遅くとも車検を受ける一ヶ月前から準備しておきたいです。

自宅の車庫や駐車場に長年放置してある自動車は、車検が切れている場合が多く移動させられないというケースも少なくありません。そういった車検が切れた自動車の処分は、専門の業者に依頼すると良いでしょう。